大学に進学したいのですが、学びたい事がまだありません。

質問と回答
  • 大学に進学したいのですが、学びたい事がまだありません。 学びたい事がないのに、高い学費を払って通うのはもったいないですよね。 私はフランス文学に興味があり、宝塚歌劇が好きなので 、ミュージカル俳優にも興味があります。 しかし、両親は私を大学には進学させたくないようで、私のやりたい事にお金を、たくさん出してくれる気はないようです。 自分のやりたい事をお金がかかってもやるか、安定した道を選ぶか…それ以前に自分がどんな道に進みたいのか…とても悩んでいます 学校も両親も舞台の道に進む事を応援してくれませんし、お金に余裕もないので宝塚音楽学校を受験させてももらえません。 両親は高卒でもいいから、地元で働いて幸せになって欲しいと言っていますが、それは私にとっての幸せではありません。 自分でも何がなんだか分からなくなってきました。 私は文系の高校二年生です。 何かお勧めの大学、学部学科を教えて下さい。 もしよければ、今の私にアドバイスをしていただけると嬉しいです 回答よろしくお願いします。
  • まず、質問者様はどうされたいのでしょうか?質問者様の言う幸せとは何でしょうか? ご自身も迷っていらっしゃるところだと思いますが、1度整理されてはいかがでしょうか。 ミュージカル俳優を目指したいとなれば今にでもご両親を説得しなければなりません。特に宝塚の受験はあと2回しか残されていませんし、最低限バレエと声楽はどうにかして習わなければいけません。 ミュージカル俳優を諦めるのであれば、高卒とは言わず4大卒の方がいいと思います。高卒でご両親の仕事を継がなきゃいけない・奨学金をもらってもどうしようもないくらい家計が困窮している、ということがなければ、私は進学をおすすめします。それに、今は大学全入時代なんて呼ばれていますから。 …とは言っても、質問者様の背景を詳しく知らないのであまり的確な回答は出来ません。ご両親の進学拒否の理由も、はっきり申し上げますと薄っぺらいです。 悔いを残したくないのなら宝塚受験、宝塚を諦めるのなら大学受験の方で説得することを考えてください。 そして話が変わってお勧めの大学学部学科とのことですが、大学についてはお住まいの場所がわからないので詳しい名前は挙げられません。 学部学科ですが、本当にフランス文学に興味あるのならフランス文学科に行くのも1つの手です。ミュージカルに関連付けて言えば、ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』、ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』なんかがフランス文学です。ただ、文学とはいえ第1外国語はフランス語ですし、必修も最初のうちはフランス語文法を詰めるものばっかりです。英語とは語順はだいたい一緒でも、動詞の活用や発音などが英語とは全く違うので非常に苦労します。「○○を原文で読みたい!」と強い思いがあるのならご一考です。 語学は無理、でもフランス革命とかのフランス史に興味ある、ということなら史学でも良いかと。大学によっては色んな言語取らなければいけないこともあるかもしれませんが。 抽象的な回答が多くなってしまいましたが、端的にまとめれば①自分の望みは何なのかをはっきりさせること②そのためにご両親を説得すること、です。 【補足】 補足ありがとうございます。 宝塚受験されるのですね。 受験回数が他の人の半分であるからこそ、レッスンも受験も今度こそ悔いの残らないようにして下さい。 大学のことですが、基本は自分の学びたいことについて研究している先生がいらっしゃるかどうかで決めることになります。 私の場合「大学選びに困っているのなら、学生・先生の質を考えて早慶以上を目指せ」と言われて納得して育ってきた身ですので、質問者様に適したアドバイスは出来ません。なので、申し訳ないのですが大学は自分で探して下さいとしか言えません。 また、宝塚と大学受験との兼ね合いも考えなければなりません。最後のチャンスまでは全力で宝塚受験に打ち込んで(宝塚は落ちてしまったら)大学は浪人するのか、大学は現役でなければならないのか。高学歴を目指すのか、実力相応の大学で構わないのか。 考えなければいけないことは山積みです。ご両親とお話しなければいけないことも山積みです。時間も残されていないと思いますが、全てを乗り越えて頑張ってほしいと思います。 また何かありましたら伺います。

回答はありません

You must be logged in to post a comment.

是非あなたの回答をお聞かせ下さい!